檀れいと及川光博(元旦那)に子供がいないのは生い立ちが原因?

スポンサーリンク

元宝塚歌劇団月組・星組のトップ娘役として活躍され、

現在は、日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞された女優の、

檀れい(だん れい)さんについて、リサーチいたしました!

檀れいさんを検索すると、

「及川光博」「子供」「生い立ち」 

などなど…

気になるワードが並んでいます。

今回はこのワードを元に、リサーチさせていただきました!

このブログを最後まで読んでもらうと、

  • 檀れいと及川光博(元旦那)に子供がいない理由
  • 檀れいの生い立ち

コチラの2つについてわかります。

では、順番にお伝えいたしますね。

目次

檀れいと及川光博(元夫)に子供がいない理由

まずは、檀れいさんと及川光博さんの間に、本当に子供がいないのか調べてみました。

檀れいと及川光博(元夫)の間に子供はいる?

2011年7月に、檀れいさんは元夫の及川さんと結婚されています。

そして、

2018年11月離婚されているので、夫婦の期間は7年間あったようです。

その間に、檀れいさんが産休や育休をとったことはありません。

離婚の際も、子供の親権争いなども無さそうでした。

なので、

檀れいさんに子供はいないというウワサは、本当のようです。

次に本題の、

なぜ子供がいないのか…

についても調べてみました。

檀れいに子供がいない理由

檀れいさんに子供がいない理由を調べてみると、このようなウワサがあるようです。

  • 高齢出産になるので諦めた
  • 不妊説
  • 生い立ちによるもの

これらに基づいて調べてみました。

高齢出産になるため諦めた?

元夫の及川さん(当時41歳)と結婚した時点で、檀れいさんは39歳だったので、子供を産むとなると高齢出産になります。

檀れいさんの体を1番に考えて、出産は諦めたのではないかと言われているそうです。

檀れいさんの知人の話が、トップ週刊誌の女性自身にて取り上げられていたので、引用させていただきます。


結婚当時檀さんはすでに40代で、彼女は『お義母さんに孫の顔を見せてあげられない……』と悩んでいたようです。

そう落ち込む檀さんを義母は『心配しなくて大丈夫よ』と、いつも優しく慰めてあげたといいます。

引用元:女性自身

やはり、年齢について気にされていたというのは、本当のようですね…

不妊で子供ができなかった?

不妊説はたしかにチラホラあるものの、

“病院に通っていた” “不妊治療をしている”

などといった具体的な情報は全くありませんでした。

ですので、

不妊説はただのウワサ話だと思われます。

檀れいの生い立ちのせい?

檀れいさんは子供ができないのではなく、ご自身の生い立ちのせいで子供を作らなかった…

というウワサがあるそうです。

子供がいないという理由について調べてみましたが…

何が理由かは、

やはりおふたりにしかわからない部分なので、結局どこにも答えは無いのですが…

檀れいさんの生い立ちにも何か深い傷が隠されているようなので、

そちらについて詳しく調べてみました。

檀れいの生い立ち

檀れいさんには、実父と継父がいるそうです。

この時点で、実の両親が離婚をしていることがわかりますね。

そのことについて順番にお伝えいたします。

檀れいさんは3姉妹の長女ですが、

幼い頃は引っ込み思案で、お母さんっ子だったそうです。

お母さんと離れるがイヤで、何度も保育園を休んだエピソードがあるぐらい、

お母さんが大好きだったようです。

檀れいさんが女優に憧れるようになったのは、

幼稚園の学芸会で褒められたのがきっかけとのことで、

映画を見るたびに「女優さんになりたい!」という気持ちが強くなったそうです。

そして高校生になり、

檀れいさんは地元でスカウトをされ、ファンション誌の読者モデルを経験されます。

これをキッカケに、ますます芸能界への憧れか強くなったようです。

大学受験も考えたそうですが…

自分の本当にやりたいことを考え、

その結果、宝塚を目指すことにしたそうです。

そして、

3ヶ月というわずかな準備期間で、

見事、宝塚音楽学校に入学されています!

本当にスゴイですよね〜!

と、ここまでの人生は順風満帆にきていますが、

この後に、試練が待っていたようです…

両親の離婚と母の再婚

檀れいさんが宝塚音楽学校に合格してスグに、

両親が離婚し、

お母さんは妹たちを連れ、京都に住む男性のところへ駆けこんだそうなんです。

その後お母さんはこの人と再婚し、檀れいさんの継父となります。

実のお父さんとは、

絶縁状態でもうずっと会っていない」と、

昔放送されていた“オーラの泉”という番組で明かされていました。

その理由はわかりませんが、

檀れいさんの“芸能界入りを猛反対したから”などと囁かれています。

大好きなお母さんの離婚、再婚と…

宝塚音楽学校に入学してすぐに、こんな大変な出来事があったんですね。

宝塚時代にイジメにあう

「楊貴妃の再来」と言われるほどの美貌の持ち主である檀れいさんですが、

宝塚時代には、その美貌と才能を妬まれることも多く、いじめられていたそうです。

1人楽屋でこっそり泣いたり、辛い経験をされたそうですが、

そんな辛さや悲しさを顔には全く出さず、

舞台の上ではいつも笑顔で、素晴らしい演技を見せていました。

本当に心の強い方だな…と思います。

母の介護

2018年離婚した檀れいさんは、すぐに実家に戻られたそうです。

というのも、

2004年に交通事故で継父はこの世を去っていて、お母さんはひとりになっていました。

檀れいさんが離婚をした2018年には、

お母さんは70代になっていて、

ひとり暮らしをするお母さんの、身の回りの世話をサポートしたい…

と思い、実家に戻られたそうです。

元夫の及川さんとの離婚理由に、お母さんの介護が原因では?と囁かれているそうですが…

実際のところはわかりません。

ただ、

檀れいさんは小さい頃から大好きなお母さんに、育ててもらったことを感謝し、

いま介護をされています。

波瀾万丈な生い立ちの檀れいさんですが、

真っ直ぐな生き様にほんと感銘を受けました。

まとめ

今回、

檀れいさんをたくさん知ることができ、

また一段と檀れいさんが大好きになりました!

自分の人生を後回しにしてでも、お母さんのことを大切にできる…って、

本当に素晴らしいですよね。

子供はいませんでしたが…

子供がいることが絶対に幸せ!とは限りません。

まだまだお若いし、お綺麗なので…

今後、檀れいさんのことを守りたい!という方と幸せになってほしいです。

檀れいさんはめちゃくちゃステキな方なので、

きっと現れるはずです!

今後も、檀れいさんのご活躍を心より応援しています!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる